June 6
暮らしと住まいのライフスタイルマガジン
Smile
6月号
05.20UP
おすすめ物件情報
2022.05.20

今にちょうどいい、ゆとりと幸せの時間がある、
使いやすさをデザインした家。

「家事も育児も自然体でしてくれる夫です」と奥さま。そんなお二人は学生時代からのお付き合い。一緒に学び、キャリアを積んでこられたからこそ、毎日に余裕を生む家づくりも同じ目線で、ゆとりのあるハッピーな暮らしを実現しました。

家づくりでご夫妻が最優先にしたのは、家事を楽にして心と時間にゆとりを持つこと。長い時間を過ごすLDKは、気持ちが晴れやかになるよう明るく、お子さまがのびのびと過ごせるよう広い空間を叶えるため2階に置き、ワンフロアで生活が完結できるレイアウトに。






そしてキッチン、浴室、洗面室の水廻りを近づけて動線の無駄をカット。行き来や出し入れがしやすいよう洗面室や収納は扉を設けず、洗濯物は畳まなくてもいいケース収納にするなどきっちりし過ぎないことで手間を軽減。
さらに、ロボット掃除機が稼働しやすいよう扉は引き戸にし、収納棚は掃除機の高さに合わせて床から上げる、浴室はカビ取りや掃除をしなくてもいいよう扉は一枚扉で窓は設置しないなど、工夫の積み上げで家事労働時間の削減を実現しました。






また、LDKが広い方が快適と考えてバルコニーを設置しないことでメンテナンスにかかる手間もカットするなど、暮らし方をしっかりと見つめ、快適性を徹底的に重視しています。






一方で、趣味も大切にしてほしいと奥さまも賛成したご主人希望のインナーガレージは、完成してみると雨の日の車の乗降や荷物の出し入れが便利、水栓を完備しているのでプール遊びができる、郵便受けも雨に濡れないなど、ご家族にとってもいいことずくめ。家事の手間やかける時間の問題が解決されたマイホームで、心のゆとりとお子さまとの時間をたっぷりと堪能されているご夫妻です。













家づくりの秘話を動画でチェック >

360°カメラはこちら >







クリックで「MYHOME」注文住宅建築事例集へ

住まいに関するオススメイベント情報